NIWAGOHAN Omotenashi Special Recipe

ちょっと贅沢で、ちょっと特別な、おもてなしレシピ。

No.04:アンチエイジングレシピ ~疲労回復~『南イタリア式スローフードでバレンタインを楽しむメニュー』

ビーツ、イタリアンパセリ、ガルバンゾ(ひよこ豆)のサラダ

<材 料>(2~3人分)

※材料内で赤字になっているものは、特にテーマの「疲労回復」を意識して取り入れた食材です。

  • ビーツ…1/2個
  • イタリアンパセリ…1/2束
  • ガルバンゾ(ひよこ豆)…30g
  • くるみ…20g
  • 【A】バルサミコ酢…大さじ4
  • 【A】砂糖…大さじ1
  • 【A】塩(地中海の塩)…少々
  • 【A】オリーブオイル…大さじ1

<下準備>

  • ビーツは縦半分にしてから皮をむき。3mm程のスライスにして、お皿に並べ、レンジで1~2分加熱する。
  • イタリアンパセリは洗って水気をふき、食べやすい長さにちぎる。
  • くるみは軽くローストして、食べやすい大きさに刻む。

<作り方>

  1. 【A】のバルサミコドレッシングの材料をよく混ぜ合わせる。
  2. 皿にビーツをきれに並べ、上にイタリアンパセリ、ガルバンゾ、くるみを散らし、食べる直前に(1)のバルサミコドレッシングをかける。

地中海原産の食材を使った、シンプルなサラダです。
地中海の食材をご紹介!

【疲労回復食材】
※一つの食材には当然様々な栄養・効能がありますが、ここではテーマ(今回は「疲労回復」)に即した栄養の特徴をピックアップして記しています。

~長寿食世界一の「地中海料理」 ~
地中海料理とは、ギリシャ、イタリア、ポルトガル、スペインなどの南ヨーロッパや北アフリカ諸国の地中海沿岸の料理。オリーブ油、ナッツ類、豆類、穀類、野菜、果物をふんだんに使い、肉よりも魚、ワインなどの適度な飲酒を特徴とする食事です。ポイントは、(1)抗酸化物質が多い、(2)インスリンにやさしい食事、(3)食物繊維を十分にとっている、(4)良質の油をとっている、(5)塩分控えめの食事である。 ということのようです。 地中海の人々はこの食文化で自然にスローフードを実践し、疲労回復、長寿を保ってきたのですね。

ビーツ…飲む輸血と言われるほど、鉄、カリウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウムが豊富。ビタミンやナイアシン、ビオチン、食物繊維も多く含む栄養満点の野菜です。効能としては、免疫力を高める、解毒作用(デトックス)、便秘解消、ガン・貧血予防の他、血液を新しく創造し血液循環を改善する効果があります。筋肉増強効果や持久力のアップが期待できるだけでなく、疲労を回復させる力がアップすることも分っています。

ガルバンゾ…ひよこ豆はタンパク質、ビタミンB1、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル分を豊富に含んでいます。ビタミンB1は糖質の代謝を促進することで疲労回復や肩こりなど筋肉の痛み、だるさや夏バテの解消に効果を発揮します。食物繊維やカリウムの働きによってむくみの解消・便秘の解消があり、老廃物の排出が上手くいかずに起こる「だるさ」の解消にも効果を期待できるでしょう。

No.04:アンチエイジングレシピ ~疲労回復~『南イタリア式スローフードでバレンタインを楽しむメニュー』

菅原 ひさの

Hisano Sugawara

季節の行事と色彩を切り口にお送りしてきた「庭ごはん~おもてなしパーティー~」。この度、リニューアルいたしまして、「美と健康」をテーマにプラスし、レシピを提案したいと思います。いつも通り、ワンポイントテーブルコーディネートレッスンも必見ですよ!
ちょっとの工夫であなたもおもてなし上手に。

Profile:早稲田大学第一文学部・仏文科を卒業後、国際線客室乗務員、外資系企業を経て、現在子育てと料理研究に励む。赤坂の「近茶流・柳原教室」にて懐石料理を、成城の「梅村由美子Art of Dining 」にてテーブルコーディネートと各国おもてなし料理を研究中。