NIWAGOHAN Omotenashi Special Recipe

ちょっと贅沢で、ちょっと特別な、おもてなしレシピ。

No.03:アンチエイジングレシピ ~抗ストレス~『ハワイアンクリスマス、南国ムード満載のパーティーメニュー』

海藻とさくさく揚げ餅の和風ポケサラダ

<材 料>(2~3人分)

※材料内で赤字になっているものは、特にテーマの「抗ストレス」を意識して取り入れた食材です。

  • マグロ…200g
  • オリーブオイル…少々
  • 【A】ハワイアンソルト…少々
  • 【A】玉ねぎ…1/4個
  • 【A】唐辛子…1本
  • 【A】ごま油…大さじ1
  • 【A】醤油…大さじ4
  • 【A】わさび…少々
  • 海藻サラダミックス…1袋
  • リーフミックス…1袋
  • レッドオニオン…1/4個
  • アボガド…1個
  • レモン汁…大さじ1
  • プチトマト…5~6個
  • 餅…2個

<下準備>

  • 玉ねぎをみじん切りにする。
  • 唐辛子は種を抜いて、輪切りにする。
  • 海藻ミックスを水で十分戻す。
  • レッドオニオンは薄い輪切りにし、水にさらす。
  • アボガドは半分に切って種を除き、皮をむく。
    スライスして、レモン汁をかけて色が変わるのを防ぐ。
  • プチトマトは横半分に切る。
  • 餅は一口大に切り、油で揚げる。

<作り方>

  1. フライパンにオリーブオイルを薄く敷き、周りをうっすら焼いて、たたきの状態にする。冷水に取って、キッチンペーパーでしっかりと水気を拭く。
    1cmのスライスにして、【A】に漬ける。
  2. 大きめの平皿にリーフミックス、レッドオニオンを敷き、海藻、マグロをこんもりと盛り付け、周りにアボガド、プチトマト、揚げ餅を飾る。

ポケとはハワイ語で「切身」を意味する言葉で、日本で言うところの 「ズケ」のこと。
今回はごま油や醤油をまぶして和風に仕上げ、さくさくの揚げ餅を乗せてアクセントにしました。
お土産でいただいたハワイアンソルトを使いました。シンプルなハワイの伝統料理には欠かせないハワイ産の塩です。
明るいオレンジ色の結晶で、ミネラルが豊富に含まれているため、まろやかな味がします。

【抗ストレス食材】
※一つの食材には当然様々な栄養・効能がありますが、ここではテーマ(今回は「抗ストレス」)に即した栄養の特徴をピックアップして記しています。

~ストレスにはビタミンB1、C、カルシウム、タンパク質がよい~
ストレスは万病の元。長引くストレスは、癌や動脈硬化などの生活習慣病にかかるリスクを高めてしまいます。 強いストレスを感じている人は、できるだけ抗酸化作用のあるビタミン類、そしてタンパク質などを多く摂取するようにしましょう。
ビタミンの中でも、ビタミンB群は、抗ストレス作用があります。新たな細胞やタンパク質の合成や糖質の代謝を助ける作用があります。

マグロ…「セロトニン」は安らぎの脳内物質とも言われていて心を安定させバランスをとるのに大切な働きをしているそうです。セロトニンを作り出すのに大切な栄養素が、必須アミノ酸の1つトリプトファンと、ビタミンB6です。トリプトファンとビタミンB6の両方が多い食材は、1位がカツオ。2位がマグロの赤身などの赤みの魚や魚の血合い部分に多く含まれています。 3位が赤身のお肉(牛肉や豚肉の赤身)やレバー類など。

海藻…カルシウムとマグネシウムを多く含む海藻。この2つのミネラルは神経伝達で大切な役割をする栄養素で、精神安定に効果があります。特にカルシウムは、この効果が大きく、不足するとイライラが多くなったり、怒りっぽくなることが知られています。

No.03:アンチエイジングレシピ ~抗ストレス~『ハワイアンクリスマス、南国ムード満載のパーティーメニュー』

菅原 ひさの

Hisano Sugawara

季節の行事と色彩を切り口にお送りしてきた「庭ごはん~おもてなしパーティー~」。この度、リニューアルいたしまして、「美と健康」をテーマにプラスし、レシピを提案したいと思います。いつも通り、ワンポイントテーブルコーディネートレッスンも必見ですよ!
ちょっとの工夫であなたもおもてなし上手に。

Profile:早稲田大学第一文学部・仏文科を卒業後、国際線客室乗務員、外資系企業を経て、現在子育てと料理研究に励む。赤坂の「近茶流・柳原教室」にて懐石料理を、成城の「梅村由美子Art of Dining 」にてテーブルコーディネートと各国おもてなし料理を研究中。